実験3 エタノールを爆発させてみよう!

 

準備 ・空き缶(350ml、アルミ缶で行いました。)  ・アルミホイル(10cm四方くらい) 

・エタノール(1〜2ml程度/1回分)  ・ライター(お子様にはチャ○カマンで。)

・発泡スチロール製の直径1,5cmくらいのボール、紙コップで作ったロケットなど

演出のためのアイテム。

操作 1、空き缶の底から1cm位のところに穴をあけ、缶上部を缶きりで開ける。

2、エタノールを空き缶の中にふりかける。
 (2007・3追記。アトマイザー等のスプレー容器を使うとうまくいきます。

 残ったエタノールが燃えることが少なくて、こっちの方がいいかも・・・。

3、アルミホイルでふたをする。できるだけ隙間ができないように!

4、演出アイテムをのせる。

5、エタノールが気化するまで10秒位(気温によりますが…。)待つ。
 
2回目以降は熱くなるのでこの過程は省略可。

6、操作1であけた穴から点火する。
 穴に火を近づけるとすぐに演出アイテムが飛びます。目などに注意!
 エタノール(液)が空き缶に残っていると、火が出ます。やけど注意。

*点火はなるべく体を缶から離して行った方が良いでしょう。

             ご意見・ご感想等は掲示板にてお願いします→掲示板へGo!             

 

戻る

inserted by FC2 system