長野行き最終(多分)ツーリング

 

11月7日

 

 

今年も寒くなってきました。
数日前の文化の日には、冬将軍に襲われて「こりゃもう今年は山方面無理かな〜」とか思ってたんですが、
その後好天が続き、「意外とイケそう♪」とか思っちゃったが最後、行っちゃいました。
多分今年のラスト長野!それでは張り切って参りましょう!!

 

 

朝、まだ外は真っ暗な4時半起床。
眠いったらありゃしない。
でも、今日はちょっと遠出なので早起きなのです。
どうせ外は寒くて眠いとか言ってらんなくなるだろうしね。

 

今回はマジ冬装備で固め、6時ごろ出発なのです。
ちなみに先日の滋賀の山ツーで、ハンドルカバーの合わなさに今更ながら嫌気がさして、新しいハンカバ購入(^^;
これまで、ボルティ時代から使っていたドンキ産1000円ハンカバで元気に走っておりました。
しかし、シェルパにはナックルガードなるモノが付いていて、それが干渉してイマイチ隙間風吹き込んでたのですが、
それを解消すべくニューハンカバ買っちゃいました。
ちなみにラフ&ロードです。6000円なりです。リッチになったもんです(^^;
何か毎年装備新調して、毎年ちょっとずつ弱ってる気が…。
現実そうなんでしょうね。多分。原付乗り始めた頃なんか
真冬に安物ピーコートとかだったもんな〜。

 

そんなことで良いのか!?と思いつつも、今回もいきなり高速を使い、中津川までワープ!
やられてますね〜。高速の魅力にヾ(-Θ-:)
ちなみにこのあたり気温は7℃。まだまだ大丈夫です。
かかって来い寒さ!くらいの余裕なのです。

中津川からは流れの良い19号で北上。
まだ7時なんで、車も少ないしいい感じで走れます。
ただし、ここから気温はガクッと下がりますよ〜。
寝覚めの床あたりで3℃、そして駒ヶ根方面へ抜ける「権兵衛トンネル」付近は1℃っすorz
「やっぱ大人しく紀伊半島行っとけば良かったかな〜(ノ△・。)」
とか、ここまで来ると後悔交じりですわホント。
でも、まだ時間が早いから寒いだけなんだ!大丈夫さ!とセルフ激励入れながら走ります。

 

国道153号は街中を走るので、一山越えて国道361号、152号と走ります。
こっちは交通量とか信号とかと全く無縁。
かなり時間の短縮になります。いっつも使ってます。ええ。

ということで10時諏訪湖到着。
諏訪湖とかよく来るんですけどね。
やっぱ遠いですね。4時間がかりですもんね。

 

今日一発目の目標は、長野から埼玉県に抜けるという「中津川林道
小耳に挟んだところによると、4輪車もよく通るというフラットダートだとのことなのです。
地図を見ると、標高1803mとかなり高所。
実は4日前に雪が降って路面真っ白だったらしいのですが、最近の暖かさで
溶けていると勝手に判断。
突入計画を立ててみたのです。
まあ、駄目なら駄目で長野なら色々あるしね。何とかなるっしょ〜(o^∇^o)ノ

 

地図を見ると、ここからは国道299号を通って県道を乗り継いで行くのがいいようだ。
ということであんまり深く考えずに茅野の街でひと迷いして出発っす。
でもですねえ、何か進む先には
見覚えあるトンガリ山が見えてくるわけですよ。
あれ?ここ何か不吉な予感が…と地図を見ると、その通り、
麦草峠(標高2120m…。)のある道だったわけですよ。
そうですね。前通ったときは「本沢鉱泉」という温泉に行ったときで、そんときは車だったんで気づかなかった訳ですねorz
とりあえず進んでみる。ここで大丈夫なら中津川林道もまず大丈夫だろうしね。

チェーン必要」と看板が並ぶ中、行けるところまで行ってみる。
これだけ標高上がっても、気温はおそらく5℃くらいはあるようだ。
まあ、これなら大丈夫だよね?と思っていると、道端に雪が。。。

 

学習能力ないな〜。
去年も確かちょうど今頃、2000mの峠で凍結してて、「11月の2000m越えはヤバイ」とか思ったんですよ。
それを今、ここまで来て思い出しましたとも。
来てから思い出しても
激しく意味がないっすorz

 

でも、実際峠に着いてみると、雪は路肩にほんの少し残るのみ。
通行には全く支障なく、ライダーも何人か居ました。
みんな強いっす(^^;


麦草峠。雪はなかったですよん。

 

峠を無事越えて、国道141号に降り、県道68号で林道入り口にあたる三国峠に向かいます。
直前でガソリンを満タンにして、コンビニで食料を買って、
本当は12時までに入るつもりだったんだけど若干遅刻の12時30分、三国峠到着♪

このあたり、林道がかなりあるみたいでオフロードバイク盛りだくさん。
一応シェルパも仲間と認めて(?)もらえたようで、
ピースサイン花盛りっす。
三国峠にもオフロードバイクがずらりと並んでいる。
こんな人多い林道初めて見ました。
さすが関東ブロック、何かと人多目ですよこれ。


三国峠の視界開けたところから。
ライダーたくさんいました。


この向こうからダートになります。

一応念のため、そこにいたライダー軍団の1人を捕獲して道に雪がないか確認。
「雪は…なかったですよ…。」と、ビミョウに意味ありげなお言葉を頂く。
それは雪ないけど何かあるってことなのか?と思ったけれど、そこは突っ込まずにおく。
名古屋ナンバーでソロで女子ということで、わずかにドヨめかれてみたりした。
いや〜、すごいっすよ!ワタクシの走りは(^^;
そりゃもう
マウンテンバイクもびっくりですよ!!

峠を越すとそこはもうダート。
とりあえず傾いた看板と路面を撮影。
入り口から見える路面がえぐれてて若干引いたけれど、
まあアレくらいならさすがに大丈夫なはずなので行ってみた。
峠付近はデコボコです。よってヨチヨチ進みます。


ダート入り口より。いや違うんですって!
写真だと凹凸少なめなんですってば!!

 

交通量がホント多くて、オフライダーはガンガン来るし、4輪車もヨレヨレ来ます。
てか、さすがにライトバンとかはキツそう。
多分地元の方とかなので大丈夫でしょうが・・・。
とか言ってたらビクスクまで来ました。
なんだこの林道(^^;

二輪車事故多発!とか書いてあったけれど、この日はそうものすごいスピードで走ってくる人もおらずまったりでした。
しかもアレだ、よく考えたらこの道ずっと下りなんだから、普通にダート目的で通ろうと思ったら反対向きでしょこれ。
う〜ん、すごいスピードで対向するのも厄介だけど、すごいスピードで抜かれるのはもっとイヤなのでこれでいいのかも。
発想が
超後ろ向きなことはまあ置いといてだ。

しばらく行くと切り通しの道が現れ、その先はかなり路面状況が良くなります。
せっかくなので路面の状況を載せようと思ったのだけれど、ここまで全く停まれず残念ながら写真は無いのでございます。


このあたりから確か路面良くなります。


中津川が現れます。岐阜じゃない方です。てか岐阜に中津川って川あるのか?


こんな感じの素掘りトンネルあります。ガリガリです。


ちなみに紅葉はこれくらい。

 

じきに道は中津川沿いになり、締まったダートをテケテケ走ります。
何とかエンジン付き乗り物レベルで走れるようになりますね。これくらいだと。
標高が下がって紅葉も綺麗になってきたし、写真でも撮りながらまったり進みます。
すると、何と前に車が見えてきた。いや〜、初めてダートで前を走る車に追いつきましたよ!
木曽川某ダートなんか、何台も何台も抜かしてってくれるのに(@'ω'@)

 

ダート総距離は約17km。
道は舗装路に戻り、なにやら立派な観光施設が見えてきました。
いやあ、やっぱ舗装路走りやすいわ〜。
アスファルトとか考えた人、天才っすねこりゃゞ( ̄∇ ̄;)。

走りにくいのは解ってるけど、でも走ってみたくなるもんなんです。ダート。不思議道です。

 

この先には「上野大滝林道」という道があって、
ツーリングマップルによると「
フラットで走りやすい路面 ダート13km」と記載があります。
そりゃもうフラットダートと聞けばとりあえず進入したくなるのが人情ってもんじゃないですか。
ということで行ってみました。フラットなんでしょ〜♪くらいで。


上野大滝林道入り口。しっかりした案内板あります。

 

県道210号から派生する林道に入ってみると、数台の車がいた。
これなら大丈夫じゃないでしょうか、と走り出します。
本当にフラットで走りやすい路面ですね〜。
真新しいガードレールが
「行ってよし!」と言っているかのようっす。

しかしですなあ、1〜2kmほど行ったあたりから何か石がゴロゴロしだしたのですよ。
え〜、これは走りやすいんでしょうかヽ( ´_つ`)ノ

行けないことはないんだけれども!行けないことは無いんだけどもキツイんですが(^^;
その後もしばらく頑張ってゴツゴツ走るものの、ゴツゴツっぷりがイヤになってきたため
Uターン決行orz


そうですか、世の人はこれを「フラットで走りやすい路面」と云う訳ですな。
浮世離れしてしまった訳ですなワタクシは。
ちょっと悲しいんですけども(/_<)

 

ということで戻りまして、全線舗装の金山志賀坂林道入ります。
ちなみにここには「荒れた舗装路」という表記がありますがもう全然っす。
多分岐阜県民コレ見たら「どこがだよo(`Θ´)」って怒りますよホント。
ちなみに、
先日迷い込んだ岐阜県道452号!キミのことだよ!!ケモノ道じゃないっすかι(`ロ´)ノ

関係無い事で1人盛り上がりつつ進みます。
ちなみにこの道、鉱山とかあってステキです。
特に何もしてませんけど。


鉱山。たぶん営業中。

 

山を降りて国道299号を走り、日航機墜落事故の慰霊碑とか見に行って、今夜の宿を捜索します。
結局昼ごはん食べそびれたので、おにぎり食べながら長野県佐久市にある
とほ宿「三輪舎」に電話。
ここには、ちょうど去年の今頃一度泊まらせてもらったことがあるのです。
さすがに一度行ったところなら迷子にもならんだろうしね。
明日は米子大瀑布に行きたいと思っているので、そのあたりが便利だろうってのもあるしね。

 

「泊まれますよ♪」とのお返事を頂いたので、早速そっち方面へ向かいます。
時間はまだ3時なんだけど、さすがにこの時期は日が傾くのが早いですね〜。
ちょっとした夕方くらいの陽射しっす。


慰霊碑。何か写ってたらスミマセン。
ワタクシには見えません。

 

 

もう一山越えて、下仁田の町で「南蛇井」駅に立ち寄って、

磯部温泉に入ろうとして営業時間にやっつけられ、
掟破りの高速でたった3区間じゃん!とか思ってたら千円以上かかって
ちょっと凹む小諸ICまでワープなのです。
だって碓井峠とか見るからに大変そうだったし。

 

ということで、今日の1湯は、小諸の「菱野温泉
高台にあって、景色がキレイなのだそうです。
すでに真っ暗な浅間サンラインを通り、菱野温泉「常盤館」へ向かいます。
入浴料金は1000円とちと高いものの、旅館のロビーからトロッコに乗って温泉まで行けるのです。
6人乗りの小さなトロッコに乗って、自分で出発ボタンを押して出発なのです。
こういうのイイですね〜。何か盛り上がっちゃいますね〜♪


トロッコの線路。どこ連れてかれるのか…。

 

温泉のある建物まで着くと、売店なんかもあるけど早速温泉なのです。
こちらの温泉、単純温泉と記載がありましたが、若干の硫黄臭があるさらっとした湯です。
無色透明で、どちらかというと特徴のない湯です。
でもやっぱりロケーションって大事っすね!
もう大分冷たくなった風が吹く中、小諸の夜景を見下ろして入る温泉は抜群のインパクトです。
周りは山なので、まだ明るい時間なら紅葉も見られたかも知れませんね。
まあ、真っ暗で葉っぱなんか有るのか無いのか解らなかったのでなんとも言えませんが。

 

(常盤館HP→http://www.tokiwakan.com/

 

 

宿の夕食が「7時目標」だとのことなので、6時半に菱野温泉を出ます。
真っ暗なんだけど浅間サンラインを走り、キャベツ畑で迷子になりながら今夜の宿「三輪舎」に到着っす。
ちなみに5分遅刻。スミマセン。

宿のオーナー氏は、ワタクシのことを覚えていて下さったようだった。
一年も前のことなのに、凄いですね(^^;
とりあえず色々充電して、夕食なのです。
オーナーご夫妻はどっかで料理やってたという訳ではないそうなのですが、美味いっす。
野菜作ってらっしゃるそうです。さすがっす。

 

実は今年、北海道は礼文島にある「桃岩荘」へ行ったのは、何人かの人に「行ってこい!」と薦められたためなのですが、
ここのオーナー氏もそのうちのお1人だったことを思い出し、「桃岩キツかったです!!」と報告するものの、
「イヤそんなはずはない!」と完全否定されてきました。
いや、何て言うか、見た目よりナイーヴなんですよワタクシ(^^;

お客さん方と盛り上がり、温泉好きなお客さんと熱い温泉トークを繰り広げてふと気づくともう3時Σ( ̄ロ ̄lll)
イヤイヤ、マズいっす!明日5時起きで米子大瀑布行くつもりなのに!!

ということで慌てて就寝。
ここまでやっちゃったらもう慌ててもしょうがないんですけど(^^;
酔っ払いライダーで誠に申し訳ございませんm(_ _;)m

 

 

 

2日目へ進む   ツーリングレポートへ戻る

inserted by FC2 system